朝顔がむくんだらどうする?とっておきの方法

むくみを取るサプリ↓

意外と知らない顔のむくみとたるみの関係

 

顔のむくみで悩まされている人は多いのではないでしょうか?

 

朝起きて顔がむくんでいるとガッカリしますし、お化粧をするのも面倒くさくなるくらいパンパンにむくんでしまうこともあります。

 

それに、顔のむくみが恥ずかしくて外出するのが嫌になることもあるでしょう。

 

そんな厄介な顔のむくみはたるみと深い関係があるのをご存知でしょうか?

 

顔のたるみは加齢とともに筋肉が衰えてしまうことで起こってしまいますが、顔のむくみは様々な原因によって起こります。

そのむくみの原因とはアルコールや塩分や水分の過剰摂取、運動不足、筋力の低下、冷え性、体温調節ができない、睡眠不足などです。

 

こうした原因によってむくんでしまうと、そのむくみがたるみの原因になってしまうこともあるのです。

 

ここに顔のむくみとたるみに深い関係があります。

 

顔のむくみがたるみに変わってしまうのは、排出されない水分や老廃物が皮膚を伸ばしてしまうからです。

 

通常、体内で不必要になった水分や老廃物は汗や尿などで体外に排出されます。

 

しかし、重力や血液の流れが悪くなることによって体外に排出されるはずの水分や老廃物が体に吸収されてしまいます。

 

また、立っていることが長い昼間は重力によって足がむくみやすくなりますが、朝起きた時に顔がむくんでいるのは顔に水分や老廃物が巡りやすくなるからです。

 

このむくみが続くことによって皮膚が伸ばされてしまい、むくみが治まっても伸びた皮膚は元に戻ることなくたるみになってしまいます。

 

それに、老廃物は新陳代謝を弱らさせてしまい、老化を促進させてしまうこともあります。

 

さらに、新陳代謝が弱くなると肌のハリを保つ皮下脂肪が固まってしまい、たるみになることもあります。

 

このようなことからも分かるように、むくみがたるみになってしまいますので、むくみを予防したりすぐに改善することが重要となります。

 

 

年齢と共にむくみやすくなる

 

むくみ

 

顔のむくみは誰にとっても厄介な悩みですが、加齢と共にむくみやすくなるのをご存知でしょうか?

 

様々な原因によってむくんでしまいますが、その一つに加齢という原因もあるのです。

 

加齢によってむくみやすくなるのは3つの理由が考えられます。

 

代謝の低下や心臓機能の低下、筋力の低下などになります。

 

加齢と共に代謝が低下することによって水分や老廃物が体の外に排出されにくくなり、それが顔や足などに吸収されてむくんでしまいます。

 

心臓機能の低下によって血液やリンパの流れが悪くなってしまい、水分や老廃物が効率よく排出されなくなります。

 

筋力の低下でも同じことが言え、運動不足によって筋力が低下すると血液の流れも悪くなってしまいます。

 

特にふくらはぎや足の甲、足首などがむくみやすくなります。

 

このように年齢と共にむくみやすくなるのですが、加齢だけがむくみの原因になるわけではありませんし、放っておくと取り返しのつかないことになりますので、特に顔のむくみには気を付けておかなければいけません。

 

 

顔のむくみを放置すると老け顔に!

 

朝からガッカリさせられる顔のむくみですが、放置すると老け顔になることもあります。

 

むくみの原因となる老廃物がハリを与える皮下脂肪を固まらせてしまうからです。

 

また、むくんだ状態が長く続くと皮膚が伸びてしまい、ほうれい線などのシワを作って老け顔になることもあります。

水分や老廃物が溜まっている状態が続くのは寝ている状態が続くからですが、それ以前にむくみにくい体質にさせることが大切です。

 

老け顔になると何一つ良いことはありませんので、まだ顔がむくんでいない人は予防することに心がけ、すでにむくんでいる人は食生活やマッサージなどで早く改善してください。

 

めぐりゆくの公式サイト↓お得です♪