顔のむくみを放置するとたるみにつながる

むくみを取るサプリ↓

お酒を飲むとなぜ翌日顔がむくむのか

 

ビール

 

お酒を飲む人で、翌日起きたら顔がむくんでいることはありませんか?

 

ビックリするくらいパンパンにむくんでいる人もいるのではないでしょうか。

 

そんな経験がある人はどうしてお酒を飲むと顔がむくんでしまうのかご存知でしょうか?

 

顔のむくみの原因となるのは水分の摂りすぎが深く関わっています。

 

そもそも、むくみを引き起こすのは余分な水分です。

 

その余分な水分が体外に排出されないことによって体に吸収させてしまいむくんでしまうのです。

 

血流が悪くなったり代謝機能が低下すると、血管から排出された水分や老廃物が体に吸収されてしまいます。

 

だから、水分を摂りすぎると行き場を失った余分な水分が顔に吸収されてむくみになるのです。

 

起きていれば足に血液が溜まりやすいので足がむくむのですが、寝ている状態ですと顔に血液が流れやすくなり、それと同時に余分な水分も流れ込んでむくみになるのです。

 

それに、お酒を飲むと血管が膨張し、血液から水分が排出されやすくなります。

 

その排出された余分な水分が顔に吸収されてしまうこともあります。

 

また、お酒を飲みながらおつまみを食べることがあります。

 

そのおつまみに含まれる塩分も翌日のむくみの原因になることがあります。

 

塩分によって水分代謝が悪くなり、むくみを促進させてしまいます。

 

このようなことからも分かるように、お酒を飲んだ翌朝は顔がむくみやすくなりますので、できるだけお酒の量を減らしながらおつまみは塩分が少ないものにすると良いでしょう。

 

 

むくまないお酒の飲み方

 

お酒を飲んだ翌朝、顔がむくんで困っている人もいるでしょう。

 

それは、そもそもお酒の飲み方に問題がありますので、むくまないお酒の飲み方に心がける必要があります。

 

むくまないお酒の飲み方は、まずお酒を飲み過ぎないことです。

 

お酒の量を調節しながら顔がむくまない日が分かるまで続けると良いでしょう。

 

また、お酒を飲むときに一緒に食べるおつまみにも気を付けておきましょう。

 

おつまみに含まれる塩分が原因でむくんでしまうこともあるからです。

 

塩分は体内に水分を溜めやすくする作用がありますので、顔にお酒の余分な水分が吸収されてしまいます。

 

そのおつまみはカリウムが多く含まれているものにすると良いでしょう。

 

カリウムは体内の水分バランスを調整して余分な水分を排出させる作用があるからです。

 

さらに、むくみの主な原因となる塩分の排出を促し、細胞内の水分量を一定に保つ作用もあり、塩分と余分な水分をしっかり体外に排出してくれます。

 

そのカリウムが多く含まれているのは野菜類、芋類、豆類、海藻類などです。

 

特に果物のアボガドやバナナ、キウイフルーツはカリウムを多く含んでいます。

 

こうした食べ物と一緒にお酒を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

 

ウコンはむくみにも効果がある?

 

ウコン

 

ウコンと言えば二日酔いに効果があるとされていますが、最近では二日酔いに効果が薄いと言われています。

 

また、お酒を飲んだことによる顔のむくみにも効果があまりないようです。

 

ウコンが二日酔いや顔のむくみに全く効果がないとは言えませんが、飲んだところで顔がむくんでしまう人はいます。

 

ウコンが効かないのはカリウム不足や塩分の摂りすぎ、お酒の飲み過ぎに原因もあります。

 

ウコンを飲む前にカリウムの積極的な摂取に心がけることが重要ですし、お酒を飲むときに食べるおつまみを減らすことやカリウムを多く含むおつまみにすることも大切です。

 

翌日ウコンを飲めば良いと思っている人は顔のむくみがとれませんし、二日酔いのまま仕事に行かなければいけませんのでウコンに頼るのはやめた方が良いと言えます

 

だからウコンではなく他のサプリメントで顔のむくみを解消すると良いでしょう。

 

めぐりゆくの公式サイト↓お得です♪