むくみの種類と原因

むくみを取るサプリ↓

むくみの原因は大きく分けて2つ

 

むくみの原因

 

顔がむくむ原因は、大きく分けて二つあります。

 

一つ目は一過性の日常生活が原因のむくみ。
二つ目は病気や薬が原因のむくみです。

 

一般的なのは、日常生活が原因の一過性のむくみでしょう。

 

しかし、むくみがなかなか治らない場合は病気や薬の副作用が原因かもしれません。

 

 

日常生活が原因のむくみとは?

 

お酒

 

むくみで悩んでいる人の8割以上は、日常生活が原因で起こるむくみだといわれています。

 

  • アルコールの飲みすぎ
  • 塩分の摂りすぎ
  • 長時間同じ姿勢でいる
  • 立ちっぱなし座りっぱなし
  • 体の冷え
  • 体の水分不足
  • 代謝の悪化

 

これらが主なむくみの原因です。

 

男性よりも女性の方がむくみやすいといわれているのは、女性の方が筋力がない場合や体が冷えやすいからでしょう。

 

冷えからむくみに発展するので、冬は夏よりもむくみやすい時期だと言えます。

 

日常生活が原因のむくみはあくまで一過性のものではありますが、毎日のようにむくみに悩まされている人は体が冷えやすかったり、代謝が悪かったり、血流の悪い体質の方かもしれません。

 

座り仕事や立ち仕事の人、そして締め付けの強い洋服を着ている人も血流が滞りやすくむくみやすいのではないでしょうか。

 

 

病気が原因のむくみ

 

入院

 

病気の症状の一種にむくみがある場合もあります。

 

その場合は一般的な全身性浮腫ではなく、別の種類のむくみとなるでしょう。

 

心性浮腫

 

心性浮腫は、主に心臓病が原因で起こるむくみです。

 

特にうっ血性心不全の場合はむくみが悪化する場合が多いみたいですね。

 

心臓は体の血流を司るポジションです。

 

その為心臓の状態が悪いと血の巡りが悪くなってしまい、むくみやすくなってしまうのでしょう。

 

肝性浮腫

 

こちらは肝臓の病気が原因で起こるむくみです。

 

特に肝硬変はむくみやすい肝臓の病気だそうです。

 

肝臓は血管と近い臓器なので、肝臓の働きが低下するとむくみやすくなってしまいます。

 

また、水分を十分に排出出来なくなってしまいナトリウム(塩分)が蓄積してしまいむくんでしまうのでしょう。

 

腎性浮腫

 

腎臓が原因で全身にむくみが生じることもあります。

 

特にネフローゼ症候群は腎不全はむくみやすい病気なのではないでしょうか。

 

どちらも毛細血管の状態が悪化するのでむくみやすくなってしまうそうです。

 

薬の副作用でのむくみ

 

これらの病気以外でも、治療のために飲んでいる薬の副作用でむくみが生じる場合があります。

 

薬 むくみ

 

  • 糖尿病の薬
  • 高血圧の薬
  • 消炎鎮痛剤
  • 男性ホルモン剤
  • 女性ホルモン剤
  • 甘草配合の漢方薬
  • グリチルリチン製剤
  • 副腎皮質ステロイド剤

 

これらの薬は特にむくみやすい薬でしょう。

 

 

※薬以外が原因でも、長期間入院して寝たきりの生活をしているとむくんでしまうことが多々あります。

 

病気によるむくみは改善が難しいですが、むくみに悩まされている人のほとんどは改善が可能なむくみです。
むくみは治らない、自覚がない、気にしないという人もいるかもしれませんが、むくみが悪化すると太って見られたり体調にも影響を及ぼす可能性があります。
サプリで体質改善をすることで、むくみにくい体質にすることは可能です。
時間をかけずむくみを治したい人は、まずはサプリからむくみを改善してみませんか?

 

こちらで、むくみの原因(対策も)をさらに詳しく解説しています!=むくみの原因と対策

 

めぐりゆくの公式サイト↓お得です♪